2014年10月17日

胡粉ネイルの情報最前線

胡粉ネイルがちょっと気になっています。
ジェルネイルは爪から浮いてしまうこともあり、そこから水分が入るとカビが生えてくる事もあって、美しさを保つ為にトップコートを塗り直したりしますので、定期的にメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)を行う必要もあります。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)の利点としては、どれほど煌びやかに装飾をしてもジェルでコーティングするので、石が外れにくく長持ちする点です。
一度ネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)を施すと、3〜四週間ぐらいはたのしむことが出来ます。
次に、マニキュアです。
こちらは、おとす際には除光液を利用して自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)を楽しむ事が出来ます。
また、爪の保護もしてくれるので、気軽に出来る所がメリットですね。
けれど、マニキュアの場合はいくらきれいに装飾したとしても、接着剤(使用するものによっては一度くっつけたら剥がすのが大変なこともあるでしょう)とトップコート(こまめに塗ることで、きれいな色とツヤを保つことができるでしょう)のみで石を付けている為に、気軽に外れてしまうケースもあるそうです。
また、先が削れたりするのも早いですから、美しい状態を楽しむ事ができる期間は1週間ぐらいが目安とされているのです。

デザインの善し悪しは、個人のセンスによっても左右されるものです。
将来、ネイル関連の仕事で活躍したいと考えているんだったら、ネイルのスクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)や専門学校(何らかの「専門課程」を置く専修学校のことです)に通うことが一番のデザイン勉強法になります。
でも、ジェルネイルを趣味で楽しんでいる人に取っては、スクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)や専門学校で技術を磨くという選択肢はないでしょう。
費用が掛かりすぎますからね。
ただ、スクールによっては、1DAYレッスンでデザインの勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)が出来たり、ごく短期間でデザインの技術を磨けるコースも用意されていますので、一度調べてみたらいいでしょう。



炭酸飲料 ペプシ
ソフトドリンク 激安楽天通販
海の深層水 天海の水

posted by onee at 23:19| 美容

ジェルネイル風関連の情報収集

ジェルネイル風について調べてみました。
自分の技術力を知る為に、民間のネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)の技能検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)を受けて、ネイルアーティスト(単に専門学校を卒業したり、資格を取得するだけでなく、センスや独創性なども必要になるでしょう)としての技術を証明行っている人も多数いらっしゃるでしょう。
どちらにしても、ネイルアーティストは専門的な職業ですから、独学では余程の才能とちゃんとした技術がなければ無理があります。
最初は、専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。
一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時で、生徒が常時40人以上いることという規定があります)等でデザインやネイルの基礎から学んだり、またお客様を満足させられるような接客のノウハウ(物事のやり方や技術情報のことをいいます)を学んだりする必要もあるでしょう。
実際にネイルアーティスト(松下美智子さんや黒崎えり子さんなどが有名ですね)として独立し、サロンを経営するつもりならば、最初のうちはサロンに就職してみて、ご自身の技術力を磨きながらいろいろな経験を積んだ方が、滞りなく独立することができますよ。

ネイルサロンを選ぶ際は、どういった事に注意してセレクトしていけばいいでしょうね。
まず、お友人の中でネイルサロンに通う人がいるケースでは、そのネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)を紹介して貰うのが最も確実な方法なのです。
実際に施術して貰っているのですから、正直な生の意見を聞くことができます。
それが、間違いの少ない選び方と言われているのです。
また、紹介してくれるお友達が近くにいない場合には、雑誌やWEBの口コミ(最近では、ブログ発やツイッター発の情報から広がることも多いですね)をつかって判断するようにした方がいいです。
ただ、口コミ(口頭によるコミュニケーションの略で、マスコミをもじった表現なんだとか)にも、どう見てもやらせっぽいものもありますから、全て鵜呑みにしないように注意が必要ですね。
もし、自分がどんなネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)にしたいのか明らかになっているためあれば、それをもとにネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)を選ぶようにする方法もあります。



プレミアムビール
ベルギービール オルヴァル
ノンアルコールビール アサヒドライゼロ

posted by onee at 13:40| 美容

2014年10月15日

エリコネイルの相談

エリコネイルをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。
下準備もとても簡単で爪に与えるダメージも少ないので、手軽にジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)を楽しむことができてます。
また、その種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)や色が多彩に揃っている為、ジェルネイルではソフトタイプが一般的に使用されているようです。
欠こととしては、柔らか過ぎて装飾するのがむつかしいものもある、柔らかいので長い爪を作るのには適切ではないといった所でしょうか。
次に、ハードタイプのジェルそうはいっても、こちらは取り外しの時には削るしか方法がありません。
その場では、自分の爪までも削ってしまわないよう注意が必要です。
また、下準備も定着を良くするために爪の表面を削り、プライマーと言った酸性の接着溶液を塗る必要があります。
つまり、ハードタイプの欠点は、爪に大きな負担を掛けてしまう事でしょう。
けれど、ハードタイプでしたら、その固さから長い爪を作るのにはとても適しています。
欠けやすいので、衝撃などに注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)すれば、長くて美しい爪を作って、3週間前後は維持することも可能になります。

ジェルネイルとは、水あめのみたいなとろみを持つジェルを爪の上にのせ、専用のUVライトで固めてつくるネイルアート(簡単なものなら自分でもできますが、凝ったデザインのものはやはりプロにやってもらうと仕上がりが違います)の方法の事をいい、一度つけれね四週間くらい維持する事が可能です。
ジェルネイルは、自分の爪との密着度が高いため、マニキュアと比べたら浮きにくく、ツヤと透明感のあるナチュラルな爪を作れることで人気を集めています。
ジェルを爪に乗せていても気泡がはいりにくく、マニキュアのような嫌な臭いがありません。
爪の補強として利用するのは当然として、チップをやスカルプチュアなどの義爪を作ることも可能です。
色もアクリルよりもつややかに仕上がり、ふっくらと女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)らしい美しい爪に仕上がるのです。
ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は大きく分けて、ハードタイプのバイオジェルとソフトタイプのソークオフジェルに分ける事が出来ます。



ベルギービール ウエストマール
スポーツ飲料
ベルギービール ランビック

posted by onee at 07:13| 美容

2014年10月14日

ネイルチップとは

ネイルチップがちょっと気になっています。
ネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)が最近の人気(時には口コミで評判になることもあります)となってきていますが、忘れてはいけないのがネイルケア(凝ったネイルアートは意外と男性ウケが悪かったりするそうです)。
指先が美しくないと、どれほど爪だけをオシャレにしていても、台無しになってしまいますね。
それでは、ネイルケアのポイント(部分という意味もありますよね。
アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)には一体どういったことがあるのでしょうか。
まず、ネイルケア(バッファーを使用して爪の表面を磨き、ネイルカラーやジェルが密着しやすくします)で気を付けたいのが指先に潤いを与えてあげる事。
男性でも女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)でもかもしれませんが、かさかさしたささくれた指では清潔感が全く感じられません。
お手入れする際には、ハンドクリーム(尿素やヒアルロン酸、ビタミンAやビタミンEなどが配合されていることが多いでしょう)を指先や爪にも塗りこんで、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)や油分を与えて潤いを保つようにしてください。

ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)は爪に水あめのようなジェルをのせた後、UVライトによっても固める人工の爪の事をいいます。
ジェルネイルはマニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)と比較するとダメージが少なく、きれいな状態が長く続くので、人気でしょう。
サロンでの施術は勿論の事、自宅でもできることで注目されるようになったんです。
ジェルネイルを始める時には、ジェルネイルグッズをセットで購入すると良いでしょう。
最低限必要なアイテムを単品で購入するよりも安く買うことが出来るはずです。



炭酸飲料 ペプシ
ベルギービール ブーン
発泡酒 アサヒ 本生アクアブルー

posted by onee at 21:12| 美容

結婚式 ネイルの口コミ情報

結婚式 ネイルのことがなんとなく気になりませんか?
爪が剥がれていたり、爪が割れていたりする場合にも効果が期待できます。
次に、爪の形や長さを整える際に爪切りを利用する事が当たり前だと思いきや、安易に爪切りを使うと二枚爪の原因になったり、形がきれいにならなかったりします。
そんな時には、「エメリーボード(最初に先端を削り、次にサイド、最後にコーナーを削って、全体的なバランスを整えます)」と呼ばれている爪用のヤスリで削って整えるようにしましょう。
これが、美しい爪の形を保つ為のポイントでしょう。
また、もしネイルカラーをしている時には、剥がれかけていたりしませんか?だらしない印象になってしまいますから、剥がれかけているネイルカラーはきちんと塗っておくようにして下さい。
ネイルカラーをしていない場合や男性の人でも、ちょっと爪を磨くだけでも指先に清潔感が生まれます。
慣れないうちはネイルサロンで、甘皮(乾いた状態で除去を行うと痛みを感じたり、炎症が起こる可能性があります)の処理の仕方なんかのネイルケアのやり方を教えて貰ってもいいですね。

ノンアセトンタイプのものを使用すると、自爪への負担を軽減できます)を使って自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)を楽しむことが出来ます。
また、爪の保護もしてくれるので、手軽にできる所がメリットとなるはずです。
けれど、マニキュア(着色した合成樹脂を有機溶剤に溶かしたもので、開けてから時間が経つと固まってしまいます)であるならどれだけ綺麗に装飾したとしても、接着剤(可燃性のものがほとんどなので、扱いには十分な注意が必要です)とトップコート(爪に塗布した合成樹脂が欠けたり剥がれたりしないように塗りますね)のみで石を付けている為に、簡単に外れてしまう事もあるかもしれませんね。
また、先が削れたりするのも早いですので、美しい状態を楽しめる期間は1週間ぐらいが目安と呼ねれているんです。



コーヒー飲料 無糖
地ビール 山口地ビール(山口県)
ベルギービール シメイ

posted by onee at 11:00| 美容

ジェルネイル風の情報

ジェルネイル風についていろいろ考えてみました。こんな情報があります。
今では、ジェルネイルスターターキット(ジェルネイルの使い勝手や質、ニオイなども重要ですが、UVライトが最も重要かもしれません)等も出ていますし、自分でジェルネイルを行うための本やDigital Versatile Disc等もあります。
次に、初めて自分でジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)をする際には、時間に余裕がある日を選びます。
慣れないうちは、ジェルが上手くのばせなかったり、ジェルが皮膚に付いてしまったりすることがあり、とにかく時間がかかります。
時間に余裕が無ければ、イライラしてしまい失敗してしまう可能性があるので、是非ゆっくりと出来る日に挑戦してみてください。
また、どうせジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)を行うのだから凝ったデザインにしたい気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)も判りますが、最初のうちはシンプルなデザインから始めることがポイントになります。
ラメジェルやホログラム(ジェルネイルで使用する場合には、のせる量を加減しないとUVライトがジェルに当らず、硬化しない原因になってしまいます)の入ったジェルで、塗る回数の少ないデザインから練習した方がいいのです。
何度かやっていくうちに塗り方のコツが掴めてきますので、上達も早くなります。

今、ネイルアーティスト(松下美智子さんや黒崎えり子さんなどが有名ですね)として仕事をしている方々の大半が、専門的な技術を身につける為にネイルの専門学校に通ったり、ネイルサロン等で指導を受けて修行(山にこもったり、雑用をこなしたり、色々なやり方があります)したりしているのです。
また、貴方の技術力を知る為に、民間のネイリスト(ネイルケアやネイルアートを行う職業人のことをいいます)の技能検定試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)を受けて、ネイルアーティスト(ネイリストよりもさらに上の技術とセンスを持つ人のことを呼称することがほとんどでしょう)としての技術を証明行う方 も多数いらっしゃいます。
どちらにしても、ネイルアーティストは専門的な職業ですから、独学では余程の才能ときちんとした技術がなければ無理があるようです。
始めのうちは、専門学校等でデザインやネイルの基礎から学んだり、またお客様を満足させられるような接客のノウハウ(外部に漏れるのを防ぐために、一子相伝にすることもあります)を勉強したりする必要もあるでしょう。
実際にネイルアーティスト(松下美智子さんや黒崎えり子さんなどが有名ですね)として独立し、サロンを経営するつもりならば、まず始めにサロンに就職してみて、あなたの技術力を磨きながらいろいろな経験を積んだ方が、スムーズに独立する事が出来ますよ。



ドリンク剤 リポビタンD
水素水
果実飲料・ジュース みかんジュース

posted by onee at 01:10| 美容

2014年10月13日

ジェルネイル検定 初級って知ってます?

ジェルネイル検定 初級について調べてみました。
紹介してくれるお友人が近くにいない場合には、雑誌やインターネット(使いこなせるようになるまでには、それなりの勉強が必要になります)の口コミを使って判断するようにした方がいいです。
ただ、口コミにも、どう見てもやらせみたいなものもありますので、全て鵜呑みにしないように要注意です。
もし、自分がどんなネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)にしたいのか明らかになっているのであれば、それをもとにネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)を選ぶ方法もあります。
ジェルネイルにしたいのか、スカルプチュアにしたいのか、それとも自分の爪にネイルアートを施したいのか。
ネイルサロンによって、扱っているネイルの種類も異なる為、事前に電話やメール(メールアドレスが流出してしまうと、迷惑メールがたくさんきて困ります)で確認を取っておくと良いでしょう。
その際の対応の仕方も、ネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)の選択のポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)した方がいいのです。

最近、話題のジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)。
それまでのつけ爪(合成樹脂などでできた人工的な爪を自爪の上に接着剤や両面テープなどを使ってくっつけます)と異なる点は、そのつやつやとした煌びやかな装飾性にあるかもしれませんね。
付け心地も軽いために、言うなれば爪のエクステンション(装着方法には色々あり、地毛に編み込んだり、金属チップや接着剤、超音波、熱収縮チューブなどで接着します)という所です。
そのジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)。
実は、ソフトタイプとハードタイプの2つに分かれている事をご存知でしたか?それでは、ジェルネイルのソフトタイプとハードタイプとは一体何が違うのでしょうか。
まず、ソフトタイプのジェルとはいえ、こちらは取り外しの際に専用液で溶かして落とすことから「ソークオフジェル(濡れたようなツヤと発色の良さが特徴ですが、自由に形を作るのは難しいジェルネイルです)」とも呼ばれていらっしゃるのではないでしょうか。
下準備も非常に簡単で爪に与えるダメージも少ないので、簡単にジェルネイルを楽しむ事が出来ます。



果実飲料・ジュース ミックスジュース
プレミアムビール ヱビスビール
地ビール ロイヤルガストロ(宮城県)

posted by onee at 03:25| 美容

2014年10月12日

バービーネイル関連の情報収集

こんにちは、今日はバービーネイルについてです。
ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は色やツヤのもちも良く、水仕事をする主婦や指先を使う仕事の方達にも人気が高いネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)ようです。
けれど、専門のネイルサロンに行って施術をして貰うと、かなりの費用は掛かるという欠点ってありますよね。
どれくらいもちが良くても、月に一万円ぐらいの出費は覚悟しておいた方がいいと思います。
それならば、ネイルアート(簡単なものなら自分でもできますが、凝ったデザインのものはやはりプロにやってもらうと仕上がりが違います)をするのも好きだし、節約のためにも自分でジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)を始めてみようと思う方も多いでしょう。

ネイルの資格を取得すると、ネイリスト(顧客の信頼を得るためには、民間の団体が認定しているネイル資格を取得したり、海外のネイリスト資格を取得する必要があるでしょう。
アメリカのマニキュアリストライセンスは国際ライセンスですし、オーストラリアならネイルの国家資格が取得できます)と呼ばれ、活躍する事が可能となります。
ネイルの資格としては、ネイリスト(ネイルケアやネイルアートを行う職業人のことをいいます)検定といった資格がありますが、ネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)検定は民間資格なので、必ずしも資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を取得しなければいけないというわけではありません。



果実飲料・ジュース ミックスジュース
発泡水 サンペレグレノ
発泡水 ゲロルシュタイナー

posted by onee at 06:18| 美容

2014年10月11日

フレンチネイルの相談

フレンチネイルについていろいろ考えてみました。こんな情報があります。
ジェルはライフスタイルや用途によって、使い分けて使用することができます。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)は多様で、それぞれのジェルに特徴があるのです。
今もっとも人気なジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)は、ソークオフジェル(専用のリムーバーを使うことで、ネイルサロンに行かなくても、自分でオフが行えるジェルネイルをいいます)です。
爪から外す際、削ることなく専用の溶液で落とすことができるので、自分の爪への負担を最小限に抑える事ができますね。
また、ソークオフジェル(自爪を補強することはできますが、長くするのは難しいでしょう)は柔軟性のあるジェルネイルですので、折れづらいというのもポイントなのです。
ハードジェルは、爪とジェルの接着度を高める為に、爪の表面をちょっと傷つけて施術を行います。
仕上がりが硬く、落とす時は削る必要があるため、爪を傷めてしまうことがあります。

ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は爪に水あめのようなジェルをのせた後に、UVライトによっても固める人工の爪のことをいいます。
ジェルネイルはマニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)と比較したらダメージが少なく、綺麗な状態が長期間続くため、人気です。
サロンでの施術はもちろんの事、自宅でも出来る事で注目されるようになりました。
ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)を始める際には、ジェルネイルグッズをセットで購入したらいいですよ。
最低限必要になるアイテム(最近では、ソーシャルゲームなどで課金して購入したり、ユーザー同士で売買したりされることもあるようです)を単品で購入するより安く買うことができるはずです。



世界のビール サイゴンビール(ベトナム)
硬水 コントレックス(フランス/1468)
第三のビール・新ジャンル アサヒ クリアアサヒ

posted by onee at 20:36| 美容

ジェルネイルデザインの比較・口コミ

ジェルネイルデザインをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。
ジェルネイルは大きく分けて、ハードタイプのバイオジェルとソフトタイプのソークオフジェル(UVライトでの硬化が必要で、慣れるまでは上手にできないこともあるようです)に分けられるのです。
ジェルは生活の仕方や用途に応じて、使い分けて使用出来ます。
ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)の種類は多様で、それぞれのジェルに特徴があるのです。
今もっとも人気なジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)は、ソークオフジェルです。
爪から外す時、削ることなく専用の溶液で落とす事ができるので、自分の爪への負担を最小限に抑えることが出来ますよ。
また、ソークオフジェル(専用のリムーバーを使うことで、ネイルサロンに行かなくても、自分でオフが行えるジェルネイルをいいます)は柔軟性のあるジェルネイルなので、折れにくいというのもポイントです。
ハードジェルは、爪とジェルの接着度を高める目的で、爪の表面を少し傷つけて施術を行います。
仕上がりが硬く、落とすときは削らなくてはいけないため、爪を傷めてしまう事があります。

この頃、ネイルアートといえば、ジェルネイルと呼ねれるほど、ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)によるネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)が主流になってきているんです。
ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)は道具さえ揃えれば、自分でネイルアートができるということで、普段から楽しむ人が増えてきているのです。
それに伴って、自宅で自分でジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)に挑戦する人も多くなっているのです。
ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)を自分で行うケースとお店で行うケースとでは、仕上がりにかなりの違いがあるのですが、爪の強度を高めたり、維持出来る期間がマニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)より長いなんかのいい点がたくさんあるんです。
なにより、費用がネイルサロンと比べれねずいぶん安く済む事が人気の秘密です。



ベルギービール リンデマンス
炭酸飲料 ファンタ
果実飲料・ジュース

posted by onee at 10:47| 美容