2014年10月02日

ネイル工房関連の情報収集

ネイル工房のことがなんとなく気になりませんか?
将来、ネイル関係の仕事に就いて活躍したいと考えている場合には、ネイルのスクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)や専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。
一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時で、生徒が常時40人以上いることという規定があります)に通う事が一番のデザイン勉強法になります。
でも、ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)を趣味として楽しむ人にとっては、スクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)や専門学校で技術を磨くと言った選択肢はないでしょう。
費用が掛かりすぎますよね。
ただ、スクールによりは、1DAYレッスンでデザインの勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)ができたり、とても短い期間でデザインの技術を磨く事が可能なコースも用意されていますので、一度調べてみるといいでしょうね。

ジェルネイルオフのやり方は、ジェルの種類によって違います。
ハードタイプのジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は、長い人工爪を作ったり、強度の高いジェルを使用するので、硬化されているジェルを削ってオフします。
ソフトタイプのジェルネイルは、リムーバーを使って溶かしてオフしましょう。
ハードタイプのジェルネイルオフは自爪へのダメージが大きくなるので、慣れないうちはリムーバーを使ってオフできるソフトタイプのジェルを使用したらいいですよ。
ジェルネイルをオフするときは、爪を覆えるほどのサイズのコットンを用意し、リムーバーをしみ込ませて爪に当てます。
マニキュアと違い手軽に落ちないため、きちんとリムーバーをしみ込ませる必要があります。
その後、爪に当てたコットンをアルミホイルで包みこんで密封し、しばらく放置します。
その時に、ゴム手袋をはめると、より早く綺麗にジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)オフが出来るでしょう。
焦らずに、時間をかけてオフする事が大切になります。
時間をおいてアルミホイルをはずすと、ジェルがひび割れ状態になっていますので、プッシャーやスティックを用いて優しくとりのぞきます。
ジェルがまだ溶けていない場合には、もう一回、リムーバーをしみ込ませます。
ムリヤリ剥がそうとすれね、爪が傷んでしまうから注意しましょう。



還元水
紅茶飲料 ロイヤルミルクティー
世界のビール テカテ(メキシコ)

posted by onee at 07:59| 美容

2014年10月01日

ピーコック ネイルのことなら

ピーコック ネイルをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。
ジェルネイルオフのやり方は、ジェルの種類によって違います。
ハードタイプのジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)は、長い人工爪を作ったり、強度の高いジェルを使うので、硬化されているジェルを削ってオフします。
ソフトタイプのジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)は、リムーバーを使用して溶かしてオフしましょう。
ハードタイプのジェルネイルオフは自分の爪へのダメージが大きくなりますから、慣れないうちはリムーバーを使用してオフ可能なソフトタイプのジェルを使用するといいでしょう。
ジェルネイルをオフするときは、爪を覆うことができるほどの大きさのコットンを用意して、リムーバーを浸み込ませて爪にあてます。
マニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)とは畭なって気軽に落ちないため、きちんとリムーバーをしみ込ませる必要があります。
その後、爪に当てたコットンをアルミホイルで包みこんで密封し、しばらく放置します。
その時、ゴム手袋をはめると、より早く綺麗にジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)オフが可能となるのです。
焦らずに、時間をかけてオフすることが大切です。
時間をおいてアルミホイルを外すと、ジェルがひび割れ状態になっていますから、プッシャーやスティックを使ってやさしくとりのぞきます。
ジェルがまだ溶けていない場合には、再度、リムーバーを浸み込ませるのです。
無理にはがそうとしたら、爪が傷んでしまうので注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)してください。

セルフケア(心身の不調を自分で改善する、予防するということですね)で使用するジェルは取り扱いやすさから、ほとんどがソークオフジェル(濡れたようなツヤと発色の良さが特徴ですが、自由に形を作るのは難しいジェルネイルです)と言われているのです。
でも、ネイルサロン(価格だけでなく、総合的に情報を集めて判断したいものです)では、その人の爪の状態やライフスタイルに合わせて、数種類(それぞれに違いがあるものです)のジェルを使い分けてくれるでしょう。
そのため、長期間綺麗な状態を維持することが可能になるわけです。
ただ、お店へ行っても上手にオーダー出来ずに、思っていたイメージと違うものになってしまったというケースも少なくないのです。
発想を転換すれね、セルフネイルはしょっちゅうデザインを変える事が出来る楽しみがあるのです。
手間はかかるものの、気分や目的によってジェルネイルを楽しむことも可能になります。
それに、お店での施術は全部の爪に施術してもらったら、シンプルなデザインでも一万円くらいの費用がかかります。
その上、デザイン性のあるものやストーンなどで装飾すると、あっというまに高額になってしまうのです。
自分でジェルネイルができるようになれば、材料費のみで施術を行うことが出来るはずです。
ひとまずキットなどで道具さえ揃えてしまえば、あとはジェルだけの費用ですむのです。



ベルギービール ミスティック
果実飲料・ジュース グレープフルーツジュース
軟水 サントリー天然水 南アルプス(山梨/30)

posted by onee at 22:01| 美容

esネイルって知ってます?

esネイルについていろいろ考えてみました。こんな情報があります。
最近、ネイルを日常的に楽しんでいる人が多くなってきました。
それに伴って、自宅で自分でジェルネイルに挑戦する人も多くなっているのです。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)を自分で行うケースと、お店で行う場合の大きな違いは仕上がりです。
ジェルネイルはマニキュアと違って、長期間維持できる事が特徴でしょうが、利き手と反対側の爪への力加減が分からず、余計に爪を削ってしまうなど、爪への負担が大きくなる可能性があります。
痛んでいる状態の爪だとジェルの持ちが安定せず、自分ですると早い方だと一週間で取れてしまう方もいるようです。
一方、お店で施術してもらったら、通常で3週間、長い人で6週間ほどそのままの状態を維持することができます。
セルフケア(時にはプロの手を借りることも大切ですが、できることは自分でするのが最も効果的でしょう)で使うジェルは取り扱いやすさを重視して、ほとんどがソークオフジェル(専用のリムーバーを使うことで、ネイルサロンに行かなくても、自分でオフが行えるジェルネイルをいいます)といわれています。

近頃、ネイルアートといえば、ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)と言われるほど、ジェルネイルによるネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)が主流になってきているのです。
ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)は道具さえ揃えれば、自分でネイルアート(簡単なものなら自分でもできますが、凝ったデザインのものはやはりプロにやってもらうと仕上がりが違います)ができるということで、日常的に楽しむ方が増えてきました。
それに伴って、自宅で自分でジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)に挑戦する人も多くなっています。



ベルギービール
地ビール コエド(COEDO)(埼玉県)
ビール モルツ(サントリー)

posted by onee at 11:56| 美容

ジェルネイル セルフ ブログの情報

ジェルネイル セルフ ブログのことがなんとなく気になりませんか?
ネイルアーティスト(単に専門学校を卒業したり、資格を取得するだけでなく、センスや独創性なども必要になるでしょう)はネイリスト(民間資格はあるものの、国家資格、公的な資格はありません。
つまり、誰でも名乗るのは自由なのです)とも呼ばれていて、爪にイラストやアクセサリー(ビーズやシルバーなどで手作りする人も多いです。
お笑いコンビ北陽の伊藤さおりさんはビーズでアクセサリーを作るのが上手ですよ)をデザインして、美しく演出する色々な技術をもった仕ということでしょう。
近年では、ネイルへの関心がある女性が増えている傾向があるのですので、人気がある職業の一つと言えるでしょう。
それでは、ネイルアーティスト(単に専門学校を卒業したり、資格を取得するだけでなく、センスや独創性なども必要になるでしょう)になる為には一体どうすれば良いと思われます。
まず、ネイルアーティスト(アメリカやイギリスでは、ネイルテクニシャンと呼ぶそうです)になる為には、特別な資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)や試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は必要ありません。
だけど、実際は、デザイン力や技術力が要求される細かい作業です。

ネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)が最近の人気(時には口コミで評判になることもあります)となってきていますが、忘れてはいけないのがネイルケア(凝ったネイルアートは意外と男性ウケが悪かったりするそうです)。
指先が美しくないと、どれほど爪だけをオシャレにしていても、台無しになってしまいますね。
それでは、ネイルケアのポイント(部分という意味もありますよね。
アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)には一体どういったことがあるのでしょうか。
まず、ネイルケア(バッファーを使用して爪の表面を磨き、ネイルカラーやジェルが密着しやすくします)で気を付けたいのが指先に潤いを与えてあげる事。
男性でも女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)でもかもしれませんが、かさかさしたささくれた指では清潔感が全く感じられません。
お手入れする際には、ハンドクリーム(尿素やヒアルロン酸、ビタミンAやビタミンEなどが配合されていることが多いでしょう)を指先や爪にも塗りこんで、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)や油分を与えて潤いを保つようにしてください。



炭酸飲料 ジンジャーエール
軟水 温泉水99(鹿児島/1.66)
軟水 富士ミネラルウォーター(山梨/28)

posted by onee at 02:06| 美容

2014年09月30日

スカルプネイルとは

スカルプネイルをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。
ジェラッカーは筆が必要なくて、マニキュア(大抵は小さな瓶に入っていて、刷毛付きの蓋が塗るのに便利です)を塗る感覚でジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)ができるので、人気を集めています。
また、カラージェルの種類が75種類も揃っているので、色々なアレンジでジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)を楽しむことができます。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)セットの価格はメーカーにより様々で、四千円から一万円前後で購入出来るはずです。
価格の違いについては、おまけやプレゼントの有無も関係ありますが、大体の場合はジェルの質や量によるものです。

デザインの善し悪しは、個人のセンスによっても左右されるものです。
将来、ネイル関連の仕事で活躍したいと考えているんだったら、ネイルのスクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)や専門学校(何らかの「専門課程」を置く専修学校のことです)に通うことが一番のデザイン勉強法になります。
でも、ジェルネイルを趣味で楽しんでいる人に取っては、スクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)や専門学校で技術を磨くという選択肢はないでしょう。
費用が掛かりすぎますからね。
ただ、スクールによっては、1DAYレッスンでデザインの勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)が出来たり、ごく短期間でデザインの技術を磨けるコースも用意されていますので、一度調べてみたらいいでしょう。



トマトジュース
ソフトドリンク Qoo(クー)
地ビール 金しゃちビール(愛知県)

posted by onee at 16:26| 美容

バービーネイルについての記事紹介

バービーネイルについて調べてみました。
最近、話題のジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)。
それまでのつけ爪(合成樹脂などでできた人工的な爪を自爪の上に接着剤や両面テープなどを使ってくっつけます)と異なる点は、そのつやつやとした煌びやかな装飾性にあるかもしれませんね。
付け心地も軽いために、言うなれば爪のエクステンション(装着方法には色々あり、地毛に編み込んだり、金属チップや接着剤、超音波、熱収縮チューブなどで接着します)という所です。
そのジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)。
実は、ソフトタイプとハードタイプの2つに分かれている事をご存知でしたか?それでは、ジェルネイルのソフトタイプとハードタイプとは一体何が違うのでしょうか。
まず、ソフトタイプのジェルとはいえ、こちらは取り外しの際に専用液で溶かして落とすことから「ソークオフジェル(濡れたようなツヤと発色の良さが特徴ですが、自由に形を作るのは難しいジェルネイルです)」とも呼ばれていらっしゃるのではないでしょうか。
下準備も非常に簡単で爪に与えるダメージも少ないので、簡単にジェルネイルを楽しむ事が出来ます。

ネイルサロンを選ぶ際は、どういった事に注意してセレクトしていけばいいでしょうね。
まず、お友人の中でネイルサロンに通う人がいるケースでは、そのネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)を紹介して貰うのが最も確実な方法なのです。
実際に施術して貰っているのですから、正直な生の意見を聞くことができます。
それが、間違いの少ない選び方と言われているのです。
また、紹介してくれるお友達が近くにいない場合には、雑誌やWEBの口コミ(最近では、ブログ発やツイッター発の情報から広がることも多いですね)をつかって判断するようにした方がいいです。
ただ、口コミ(口頭によるコミュニケーションの略で、マスコミをもじった表現なんだとか)にも、どう見てもやらせっぽいものもありますから、全て鵜呑みにしないように注意が必要ですね。
もし、自分がどんなネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)にしたいのか明らかになっているためあれば、それをもとにネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)を選ぶようにする方法もあります。



コーヒー牛乳
炭酸飲料 コカコーラ
コーヒー飲料

posted by onee at 06:22| 美容

2014年09月29日

ネイルタウンの徹底研究

ネイルタウンについて調べてみました。
ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は爪に水あめのようなジェルをのせた後に、UVライトによっても固める人工の爪のことをいいます。
ジェルネイルはマニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)と比較したらダメージが少なく、綺麗な状態が長期間続くため、人気です。
サロンでの施術はもちろんの事、自宅でも出来る事で注目されるようになりました。
ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)を始める際には、ジェルネイルグッズをセットで購入したらいいですよ。
最低限必要になるアイテム(最近では、ソーシャルゲームなどで課金して購入したり、ユーザー同士で売買したりされることもあるようです)を単品で購入するより安く買うことができるはずです。

ネイルの資格を取る方法には、様々あります。
代表的なのが、スクールに通って資格の勉強をすることです。
スクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)は費用が掛かりますが、卒業した後でも就職先を決定するのに有利であったり、実践的な技術を身につけやすいというメリットがあります。
また、ネイルの実技を練習する相手がいること、経験豊富な講師の指導を受けられるのも大きなメリットです。
ほかにも、ネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)で働きながらまなんで資格を取る方法や、通信教育で勉強をする方法もあるのです。
ネイルの資格を取る最も効率の良い方法はスクールに通う事ですが、それぞれの生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)環境や予算によって選びましょう。



硬水 サンペレグリノ(イタリア/667)
硬水(取水地/硬度::300〜)
クラスター水

posted by onee at 20:20| 美容

ジェルネイル キットの検索情報

ジェルネイル キットのことがなんとなく気になりませんか?
ノンアセトンタイプのものを使用すると、自爪への負担を軽減できます)を使って自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)を楽しむことが出来ます。
また、爪の保護もしてくれるので、手軽にできる所がメリットとなるはずです。
けれど、マニキュア(着色した合成樹脂を有機溶剤に溶かしたもので、開けてから時間が経つと固まってしまいます)であるならどれだけ綺麗に装飾したとしても、接着剤(可燃性のものがほとんどなので、扱いには十分な注意が必要です)とトップコート(爪に塗布した合成樹脂が欠けたり剥がれたりしないように塗りますね)のみで石を付けている為に、簡単に外れてしまう事もあるかもしれませんね。
また、先が削れたりするのも早いですので、美しい状態を楽しめる期間は1週間ぐらいが目安と呼ねれているんです。

ジェルネイルは爪から浮いてしまうこともあり、そこから水分が入るとカビが生えてくる事もあって、美しさを保つ為にトップコートを塗り直したりしますので、定期的にメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)を行う必要もあります。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)の利点としては、どれほど煌びやかに装飾をしてもジェルでコーティングするので、石が外れにくく長持ちする点です。
一度ネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)を施すと、3〜四週間ぐらいはたのしむことが出来ます。
次に、マニキュアです。
こちらは、おとす際には除光液を利用して自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)を楽しむ事が出来ます。
また、爪の保護もしてくれるので、気軽に出来る所がメリットですね。
けれど、マニキュアの場合はいくらきれいに装飾したとしても、接着剤(使用するものによっては一度くっつけたら剥がすのが大変なこともあるでしょう)とトップコート(こまめに塗ることで、きれいな色とツヤを保つことができるでしょう)のみで石を付けている為に、気軽に外れてしまうケースもあるそうです。
また、先が削れたりするのも早いですから、美しい状態を楽しむ事ができる期間は1週間ぐらいが目安とされているのです。



紅茶飲料
プレミアムビール サントリー ザ・プレミアム・モルツ
発泡酒 キリン 淡麗<生>

posted by onee at 10:11| 美容

2014年09月28日

フットジェルネイルを調べました

こんにちは、今日はフットジェルネイルについてです。
ノンアセトンタイプのものを使用すると、自爪への負担を軽減できます)を使って自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)を楽しむことが出来ます。
また、爪の保護もしてくれるので、手軽にできる所がメリットとなるはずです。
けれど、マニキュア(着色した合成樹脂を有機溶剤に溶かしたもので、開けてから時間が経つと固まってしまいます)であるならどれだけ綺麗に装飾したとしても、接着剤(可燃性のものがほとんどなので、扱いには十分な注意が必要です)とトップコート(爪に塗布した合成樹脂が欠けたり剥がれたりしないように塗りますね)のみで石を付けている為に、簡単に外れてしまう事もあるかもしれませんね。
また、先が削れたりするのも早いですので、美しい状態を楽しめる期間は1週間ぐらいが目安と呼ねれているんです。

ジェルネイルは爪から浮いてしまうこともあり、そこから水分が入るとカビが生えてくる事もあって、美しさを保つ為にトップコートを塗り直したりしますので、定期的にメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)を行う必要もあります。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)の利点としては、どれほど煌びやかに装飾をしてもジェルでコーティングするので、石が外れにくく長持ちする点です。
一度ネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)を施すと、3〜四週間ぐらいはたのしむことが出来ます。
次に、マニキュアです。
こちらは、おとす際には除光液を利用して自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)を楽しむ事が出来ます。
また、爪の保護もしてくれるので、気軽に出来る所がメリットですね。
けれど、マニキュアの場合はいくらきれいに装飾したとしても、接着剤(使用するものによっては一度くっつけたら剥がすのが大変なこともあるでしょう)とトップコート(こまめに塗ることで、きれいな色とツヤを保つことができるでしょう)のみで石を付けている為に、気軽に外れてしまうケースもあるそうです。
また、先が削れたりするのも早いですから、美しい状態を楽しむ事ができる期間は1週間ぐらいが目安とされているのです。



硬水 ウリベート〈イタリア/542)
炭酸飲料 三ツ矢サイダー
世界のビール ブルックリンラガー(US)

posted by onee at 11:32| 美容

バレンタイン ネイルについての関連情報

バレンタイン ネイルのことがなんとなく気になりませんか?
ネイルの資格をとる方法には、様々あります。
代表的なのが、スクールに通って資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の勉強をすることになります。
スクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)は費用がかかるのですが、卒業の後にも就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)先を決めるのに有利であったり、実践的な技術を習得しやすいという利点があります。
また、ネイルの実技の練習を行う相手がいること、豊富な経験を持つ講師に指導してもらえるのも大きなメリットです。
他にも、ネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)で働きながら学んで資格をとる方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)や、通信教育で勉強をする方法もあるのです。
ネイルの資格をとる一番の近道はスクールに通う事によってすが、それぞれの生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)環境や予算によって選びましょう。

ジェルネイルとは、水あめのみたいなとろみを持つジェルを爪の上にのせ、専用のUVライトで固めてつくるネイルアート(簡単なものなら自分でもできますが、凝ったデザインのものはやはりプロにやってもらうと仕上がりが違います)の方法の事をいい、一度つけれね四週間くらい維持する事が可能です。
ジェルネイルは、自分の爪との密着度が高いため、マニキュアと比べたら浮きにくく、ツヤと透明感のあるナチュラルな爪を作れることで人気を集めています。
ジェルを爪に乗せていても気泡がはいりにくく、マニキュアのような嫌な臭いがありません。
爪の補強として利用するのは当然として、チップをやスカルプチュアなどの義爪を作ることも可能です。
色もアクリルよりもつややかに仕上がり、ふっくらと女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)らしい美しい爪に仕上がるのです。
ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は大きく分けて、ハードタイプのバイオジェルとソフトタイプのソークオフジェルに分ける事が出来ます。



発泡酒 アサヒ スタイルフリー
ベルギービール ランビック
ベルギービール ミスティック

posted by onee at 01:33| 美容