2014年09月05日

ネイルパートナーとは

ネイルパートナーがちょっと気になっています。
ネイルアーティストはネイリスト(ネイルケアやネイルアートを行う職業人のことをいいます)とも呼ばれていて、爪にイラストやアクセサリー(若いうちは安いものをつけていてもかわいいですが、大人になったらやはり上質なものを身につけたいですね)をデザインして、美しく演出する様々な技術を持った仕事です。
近年では、ネイルへの関心がある女性が増えていますので、人気のある職業の一つと言えるでしょう。
まず、ネイルアーティスト(単に専門学校を卒業したり、資格を取得するだけでなく、センスや独創性なども必要になるでしょう)になる為には、特別な資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)や試験は必要ないです。
けれど、実際には、デザイン力や技術力が要求される細かい作業です。

自分の技術力を知る為に、民間のネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)の技能検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)を受けて、ネイルアーティスト(単に専門学校を卒業したり、資格を取得するだけでなく、センスや独創性なども必要になるでしょう)としての技術を証明行っている人も多数いらっしゃるでしょう。
最初は、専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。
一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時で、生徒が常時40人以上いることという規定があります)等でデザインやネイルの基礎から学んだり、またお客様を満足させられるような接客のノウハウ(物事のやり方や技術情報のことをいいます)を学んだりする必要もあるでしょう。
実際にネイルアーティスト(松下美智子さんや黒崎えり子さんなどが有名ですね)として独立し、サロンを経営するつもりならば、最初のうちはサロンに就職してみて、ご自身の技術力を磨きながらいろいろな経験を積んだ方が、滞りなく独立することができますよ。

ガールズ水着 Girl is Girl by nicola
浴衣 4点セット
浴衣 桐下駄

posted by onee at 10:02| 美容

2014年09月04日

セルフネイルの情報

こんにちは、今日はセルフネイルについてです。
最近、話題のジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)。
今までのつけ爪と異なる点は、そのつやつやとした煌びやかな装飾性にあるんです。
付け心地も軽いために、言うなれば爪のエクステンションと言う所です。
そのジェルネイル。それでは、ジェルネイルのソフトタイプとハードタイプって一体何が違うのでしょう。
まず、ソフトタイプのジェルそうはいっても、こちらは取り外しの時に専用液で溶かして落とす事から「ソークオフジェル(濡れたようなツヤと発色の良さが特徴ですが、自由に形を作るのは難しいジェルネイルです)」とも呼ばれているはずです。
欠こととしては、柔らか過ぎて装飾するのがむつかしいものもある、柔らかいので長い爪を作るのには適切ではないといった所でしょうか。
次に、ハードタイプのジェルそうはいっても、こちらは取り外しの時には削るしか方法がありません。
その場では、自分の爪までも削ってしまわないよう注意が必要です。
つまり、ハードタイプの欠点は、爪に大きな負担を掛けてしまう事でしょう。
欠けやすいので、衝撃などに注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)すれば、長くて美しい爪を作って、3週間前後は維持することも可能になります。

ガールズ水着 Girl is Girl by nicola
浴衣 撫子
大人のための高級ゆかた

posted by onee at 23:45| 美容

2014年09月01日

ジェルネイル フットの真相

ジェルネイル フットについていろいろ考えてみました。こんな情報があります。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)の人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)は若い女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)を中心として急激に高まって来ていますよねが、それ以前のネイルアートと言えば、マニキュアが主流でした。
まず、ジェルネイルです。
こちらは、デザインに飽きてしまったり、ちょっと欠けていたりした時にも、自分で簡単に落とす事が出来ないのです。
専用の液で溶かしたり、ネイルサロンで外してもらったりする必要があります。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)の利点としては、どれほど煌びやかに装飾をしてもジェルでコーティングするので、石が外れにくく長持ちする点です。
次に、マニキュアです。
こちらは、おとす際には除光液を利用して自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)を楽しむ事が出来ます。
けれど、マニキュアの場合はいくらきれいに装飾したとしても、接着剤(使用するものによっては一度くっつけたら剥がすのが大変なこともあるでしょう)とトップコート(こまめに塗ることで、きれいな色とツヤを保つことができるでしょう)のみで石を付けている為に、気軽に外れてしまうケースもあるそうです。
また、先が削れたりするのも早いですから、美しい状態を楽しむ事ができる期間は1週間ぐらいが目安とされているのです。

浴衣 浴衣スリップ
浴衣 飾り紐
ベビー水着 katvig(キャトヴィ)

posted by onee at 01:32| 美容

2014年08月31日

ジェルネイル 塗り方の最新情報

ジェルネイル 塗り方をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。
ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は色やツヤのもちも良く、水仕事をする主婦や指先を使う仕事の方達にも人気が高いネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)ようです。
けれど、専門のネイルサロンに行って施術をして貰うと、かなりの費用は掛かるという欠点ってありますよね。
どれくらいもちが良くても、月に一万円ぐらいの出費は覚悟しておいた方がいいと思います。

自分でジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)を行う際のコツ等はあるのでしょうね。
次に、初めて自分でジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)を行う場合には、時間に余裕がある日を選ぶのです。

慣れない間は、ジェルが上手くのばせなかったり、ジェルが皮膚(実は常在菌がいるそうです。
そう考えるとちょっと怖いかもしれません)に付いてしまったりする場合があって、とにかく時間が掛かってしまうものです。
時間に余裕が無ければ、イライラしてしまい失敗してしまう可能性があるので、是非のんびりとできる日に挑戦してみてください。
また、どうせジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)を行うのだから凝ったデザインにしたい気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)も判りますが、最初はシンプルなデザインから始める事がポイントですね。
誰でも簡単にというわけにはいかないようですが、自分で作れるというのはすごいですよね)の入ったジェルで、塗る回数の少ないデザインから練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)しましょう。
何度かやっていくうちに塗り方のコツが掴めてきますから、上達も早くなるんです。

競泳・フィットネス水着
浴衣 金魚
浴衣 菊

posted by onee at 05:39| 美容

2014年08月30日

ボンネイルって知ってます?

ボンネイルについて調べてみました。
ネイルサロンを選ぶ際は、どういった事に注意してセレクトしていけばいいでしょうね。
まず、お友人の中でネイルサロンに通う人がいるケースでは、そのネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)を紹介して貰うのが最も確実な方法なのです。
実際に施術して貰っているのですから、正直な生の意見を聞くことができます。
それが、間違いの少ない選び方と言われているのです。
また、紹介してくれるお友達が近くにいない場合には、雑誌やWEBの口コミ(最近では、ブログ発やツイッター発の情報から広がることも多いですね)をつかって判断するようにした方がいいです。
もし、自分がどんなネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)にしたいのか明らかになっているためあれば、それをもとにネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)を選ぶようにする方法もあります。
その時の対応の仕方も、ネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)の選択のポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)にして下さいね。

水着 4点セット
浴衣 押切もえ
水着 ペイズリー柄

posted by onee at 19:34| 美容

バービーネイルの濃い情報

こんにちは、今日はバービーネイルについてです。
爪の形や長さを整える際に爪切りを利用する事が当たり前だと思いがちですが、安易に爪切りを使うと二枚爪の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)になったり、形がきれいにならなかったりします。
そういう時には、「エメリーボード(ファイルともいい、爪を削るのに使います)」と呼ばれている爪用のヤスリで削って整えるようにしましょう。
また、もしネイルカラーをしている場合には、剥がれかけていたりしないでしょうか?
ネイルカラーをしていない場合や男性の人でも、ちょっと爪を磨くだけでも指先に清潔感が生まれます。
慣れるまではネイルサロン(接着剤による皮膚トラブルや爪に対するダメージに配慮しているちゃんとしたところを選びたいですね)で、甘皮(乾いた状態で除去を行うと痛みを感じたり、炎症が起こる可能性があります)の処理の仕方などといったネイルケアのやり方を教えてもらっても良いですね。
そんなきれいな指先を見ていたら、機会があれば自分もやりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな時に決めかねるのが、ネイルサロン(価格だけでなく、総合的に情報を集めて判断したいものです)の選び方なのですね。
初めてのネイルアート(簡単なものなら自分でもできますが、凝ったデザインのものはやはりプロにやってもらうと仕上がりが違います)の場合、多のネイルサロン(接着剤による皮膚トラブルや爪に対するダメージに配慮しているちゃんとしたところを選びたいですね)の中で、一体どのお店に行けば良いのか判らなくなるのが普通です。

浴衣 押切もえ
浴衣 帯飾り
水着 チューブトップ

posted by onee at 09:38| 美容

2014年08月29日

ジェルネイル やり方の検索情報

ジェルネイル やり方についていろいろ考えてみました。こんな情報があります。
今、ネイルアーティスト(松下美智子さんや黒崎えり子さんなどが有名ですね)として仕事をしている方々の大半が、専門的な技術を身につける為にネイルの専門学校に通ったり、ネイルサロン等で指導を受けて修行(山にこもったり、雑用をこなしたり、色々なやり方があります)したりしているのです。
また、貴方の技術力を知る為に、民間のネイリスト(ネイルケアやネイルアートを行う職業人のことをいいます)の技能検定試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)を受けて、ネイルアーティスト(ネイリストよりもさらに上の技術とセンスを持つ人のことを呼称することがほとんどでしょう)としての技術を証明行う方 も多数いらっしゃいます。
どちらにしても、ネイルアーティストは専門的な職業ですから、独学では余程の才能ときちんとした技術がなければ無理があるようです。
始めのうちは、専門学校等でデザインやネイルの基礎から学んだり、またお客様を満足させられるような接客のノウハウ(外部に漏れるのを防ぐために、一子相伝にすることもあります)を勉強したりする必要もあるでしょう。

ネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)がさいきんの人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)となってきましたが、忘れてはいけないのがネイルケア(凝ったネイルアートは意外と男性ウケが悪かったりするそうです)。
専用のニッパーでカットしたり、リムーバーやオイルを使うとよりキレイにケアできるはずです)のポイントには一体どんなことがあるのでしょうか。
まず、ネイルケアで気を付けたいのが指先に潤いを与えてあげる事。
お手入れする場合、ハンドクリーム(尿素やヒアルロン酸、ビタミンAやビタミンEなどが配合されていることが多いでしょう)を指先や爪にも塗りこんで、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)や油分を与えて潤いを保つようにされて下さい。
爪が剥がれていたり、爪が割れていたり行う場合にも有効だと思います。

浴衣 コサージュ
ガールズ水着 ピコ(PIKO)
水着 花柄

posted by onee at 23:23| 美容

ワンタッチネイルを調べました

ワンタッチネイルをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。
種類(それぞれに違いがあるものです)や色が多彩に揃っている為、ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)ではソフトタイプが一般的に使っているようです。
欠点としては、柔らか過ぎて装飾するのが困難なものもある、柔らかいので長い爪を作るのには適さないという所なのでしょうか。
次に、ハードタイプのジェルとは言え、こちらは取り外しの際には削るしか方法がないのです。
その場では、自分の爪までも削ってしまわないよう注意が必要ですね。
また、下準備も定着を良くする為に爪の表面を削り、プライマーという酸性の接着溶液を塗る必要があるんです。
欠けやすいので、衝撃などに注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)すれば、長くて美しい爪を作って、3週間前後は維持する事ができるでしょう。

ネイルアーティスト(単に専門学校を卒業したり、資格を取得するだけでなく、センスや独創性なども必要になるでしょう)はネイリスト(民間資格はあるものの、国家資格、公的な資格はありません。
つまり、誰でも名乗るのは自由なのです)とも呼ばれていて、爪にイラストやアクセサリー(ビーズやシルバーなどで手作りする人も多いです。
近年では、ネイルへの関心がある女性が増えている傾向があるのですので、人気がある職業の一つと言えるでしょう。
それでは、ネイルアーティスト(単に専門学校を卒業したり、資格を取得するだけでなく、センスや独創性なども必要になるでしょう)になる為には一体どうすれば良いと思われます。
だけど、実際は、デザイン力や技術力が要求される細かい作業です。

浴衣髪飾り つまみ細工
浴衣 Adam&Eve(アダム&イブ)
水着 トレーニング用

posted by onee at 13:08| 美容

2014年08月28日

ジェルネイルのやり方の相談

ジェルネイルのやり方がちょっと気になっています。
ジェルネイルは爪から浮いてしまう事もあり、そこから水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)が入るとカビが生えてくる事もあり、美しさを保つ為にトップコートを塗り直したりしますので、定期的にメンテナンスを行う必要ってありますよね。
ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)のメリットとしては、どれほど煌びやかに装飾をしてもジェルでコーティングするため、石が外れにくく長持ちする点です。
一度ネイルアート(簡単なものなら自分でもできますが、凝ったデザインのものはやはりプロにやってもらうと仕上がりが違います)を施すと、3〜四週間ぐらいは楽しむ事ができます。
次に、マニキュア(大抵は小さな瓶に入っていて、刷毛付きの蓋が塗るのに便利です)です。
こちらは、落とす際には除光液(週に一回以上の使用は避けた方が賢明です。

ノンアセトンタイプのものを使用すると、自爪への負担を軽減できます)を使って自分で簡単に落とす事が出来るので、いつでも好きなデザインや色のネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)を楽しむことが出来ます。
また、先が削れたりするのも早いですので、美しい状態を楽しめる期間は1週間ぐらいが目安と呼ねれているんです。

最近、話題のジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)。
それまでのつけ爪(合成樹脂などでできた人工的な爪を自爪の上に接着剤や両面テープなどを使ってくっつけます)と異なる点は、そのつやつやとした煌びやかな装飾性にあるかもしれませんね。
付け心地も軽いために、言うなれば爪のエクステンション(装着方法には色々あり、地毛に編み込んだり、金属チップや接着剤、超音波、熱収縮チューブなどで接着します)という所です。それでは、ジェルネイルのソフトタイプとハードタイプとは一体何が違うのでしょうか。
下準備も非常に簡単で爪に与えるダメージも少ないので、簡単にジェルネイルを楽しむ事が出来ます。

浴衣 桐下駄
男性用浴衣 
ベビー グレコ水着 

posted by onee at 23:57| 美容

2014年08月26日

セルフジェルネイルの口コミ情報

セルフジェルネイルがちょっと気になっています。
ジェルはライフスタイルや用途によって、使い分けて使用することができます。
今もっとも人気なジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)は、ソークオフジェル(専用のリムーバーを使うことで、ネイルサロンに行かなくても、自分でオフが行えるジェルネイルをいいます)です。
また、ソークオフジェル(自爪を補強することはできますが、長くするのは難しいでしょう)は柔軟性のあるジェルネイルですので、折れづらいというのもポイントなのです。
ハードジェルは、爪とジェルの接着度を高める為に、爪の表面をちょっと傷つけて施術を行います。
仕上がりが硬く、落とす時は削る必要があるため、爪を傷めてしまうことがあります。
それでは、ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)とマニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)の違いというのは、一体どう言ったことがあるのでしょうか。
まず、ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)です。
こちらは、デザインに飽きてしまったり、ちょっと欠けたりした時にも、自分で気軽に落とす事ができません。
専用の液で溶かしたり、ネイルサロン(知識や技術が不十分な個人サロンなどでやってもらうと、カビてしまうといったトラブルが起こることもあります)で外してもらったりしなくてはなりません。

浴衣 あじさい
水着 4点セット
水着 ケロッグ

posted by onee at 07:18| 美容