2014年08月13日

ジェルネイル LEDって知ってます?

ジェルネイル LEDのことがなんとなく気になりませんか?
デザインの善し悪しは、個人のセンスによっても左右されるものです。
でも、ジェルネイルを趣味で楽しんでいる人に取っては、スクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)や専門学校で技術を磨くという選択肢はないでしょう。
ただ、スクールによっては、1DAYレッスンでデザインの勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)が出来たり、ごく短期間でデザインの技術を磨けるコースも用意されていますので、一度調べてみたらいいでしょう。

ネイルの資格を取得すると、ネイリスト(顧客の信頼を得るためには、民間の団体が認定しているネイル資格を取得したり、海外のネイリスト資格を取得する必要があるでしょう。
アメリカのマニキュアリストライセンスは国際ライセンスですし、オーストラリアならネイルの国家資格が取得できます)と呼ばれ、活躍する事が可能となります。
ネイルの資格としては、ネイリスト(ネイルケアやネイルアートを行う職業人のことをいいます)検定といった資格がありますが、ネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)検定は民間資格なので、必ずしも資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を取得しなければいけないというわけではありません。

水着 ケロッグ
ベビー水着 MUD PIE(マッド・パイ)
浴衣 籠巾着

posted by onee at 13:56| 美容

ニコネイルの情報

こんにちは、今日はニコネイルについてです。
近頃、ネイルアートといえば、ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)と言われるほど、ジェルネイルによるネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)が主流になってきているのです。
ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)は道具さえ揃えれば、自分でネイルアート(簡単なものなら自分でもできますが、凝ったデザインのものはやはりプロにやってもらうと仕上がりが違います)ができるということで、日常的に楽しむ方が増えてきました。

ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)を自分で行う場合とお店で行う場合とでは、仕上がりに大きな違いがありますが、爪の強度を高めたり、維持できる期間がマニキュア(着色した合成樹脂を有機溶剤に溶かしたもので、開けてから時間が経つと固まってしまいます)より長いなどのいい点がたくさんあるんです。
なにより、費用がネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)と比べたらずいぶん安くすむことが人気の秘密です。
慣れないうちはジェルの扱いも難しく、ネイルアート(あまりに凝ったデザインすぎると、男性には引かれてしまうこともあるそうですよ)どころではないと思います。
単色ジェルネイルやフレンチネイル、グラデーションなどの簡単なアートは出来たとしても、難易度の高いデザインはどうしたって素人にとってはむずかしいでしょう。

浴衣 雪駄
浴衣 着付け小物セット
ベビー水着 ポンポネット

posted by onee at 03:49| 美容

2014年08月12日

ジェルネイル ピンクのことなら

ジェルネイル ピンクについて調べてみました。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)は、自爪への負担が少なく優しい事から、近頃、人気を集めているネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)方法なのです。
自分で行ったジェルネイルはもちろんのこと、ネイルサロン(接着剤による皮膚トラブルや爪に対するダメージに配慮しているちゃんとしたところを選びたいですね)で施術してもらったジェルネイルも自分でオフすることが可能です。
ネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)では、ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)オフにも料金がかかってしまうため、ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)オフのコツを知っておけば手軽に作業が行えます。

ジェルネイルオフのやり方は、ジェルの種類によって違います。
ハードタイプのジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)は、長い人工爪を作ったり、強度の高いジェルを使用するので、硬化されているジェルを削ってオフします。
ソフトタイプのジェルネイルは、リムーバーを使って溶かしてオフしましょう。
マニキュアと違い手軽に落ちないため、きちんとリムーバーをしみ込ませる必要があります。
その時に、ゴム手袋をはめると、より早く綺麗にジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)オフが出来るでしょう。
焦らずに、時間をかけてオフする事が大切になります。
ジェルがまだ溶けていない場合には、もう一回、リムーバーをしみ込ませます。
ムリヤリ剥がそうとすれね、爪が傷んでしまうから注意しましょう。

ガールズ水着 BEACH MEMORY
ベビー水着 
メンズ水着 フィットネス水着

posted by onee at 17:37| 美容

ジェルネイル チップの情報

ジェルネイル チップについて調べてみました。
最近、ネイルを日常的に楽しんでいる人が多くなってきました。
それに伴って、自宅で自分でジェルネイルに挑戦する人も多くなっているのです。
痛んでいる状態の爪だとジェルの持ちが安定せず、自分ですると早い方だと一週間で取れてしまう方もいるようです。
一方、お店で施術してもらったら、通常で3週間、長い人で6週間ほどそのままの状態を維持することができます。
セルフケア(時にはプロの手を借りることも大切ですが、できることは自分でするのが最も効果的でしょう)で使うジェルは取り扱いやすさを重視して、ほとんどがソークオフジェル(専用のリムーバーを使うことで、ネイルサロンに行かなくても、自分でオフが行えるジェルネイルをいいます)といわれています。
その為、長期間キレイな状態を維持することが可能になる訳です。
ただ、お店へ行ってもうまくオーダーできずに、思っていたイメージと違うものになってしまったと言うケースも少なくないのです。
発想を転換すれね、セルフネイルは頻繁にデザインを変えることができる楽しみがあるでしょうか。
手間はかかるものの、気分や目的に応じてジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)をたのしむことができるはずです。
それに、お店での施術は全ての爪に施術してもらう場合には、シンプルなデザインでも1万円前後の費用がかかります。
最初にキットなどで道具さえ揃えてしまえば、あとはジェルだけの費用で済みます。

浴衣 源氏物語
メンズ水着 スパッツ
女の子浴衣

posted by onee at 06:28| 美容

2014年08月11日

ネイルサロン ホットペッパーの最新情報

ネイルサロン ホットペッパーについて調べてみました。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)とは、水飴のようなとろみのあるジェルを爪にのせて、専用のUVライトで固めてつくるネイルアート(最近では自分でする、お友達にやってあげるという方も少なくないようです)の方法の事をいい、一度つけると四週間くらい維持することができるんです。
ジェルを爪にのせていても気泡がはいりにくく、マニキュアみたいな嫌な臭いがないのです。
色もアクリルよりもつややかに仕上がり、ふっくらと女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)らしい美しい爪に仕上がります。

ジェルネイルは大きく分けて、ハードタイプのバイオジェルとソフトタイプのソークオフジェル(UVライトでの硬化が必要で、慣れるまでは上手にできないこともあるようです)に分けられるのです。
ジェルは生活の仕方や用途に応じて、使い分けて使用出来ます。
爪から外す時、削ることなく専用の溶液で落とす事ができるので、自分の爪への負担を最小限に抑えることが出来ますよ。
また、ソークオフジェル(専用のリムーバーを使うことで、ネイルサロンに行かなくても、自分でオフが行えるジェルネイルをいいます)は柔軟性のあるジェルネイルなので、折れにくいというのもポイントです。
ハードジェルは、爪とジェルの接着度を高める目的で、爪の表面を少し傷つけて施術を行います。
仕上がりが硬く、落とすときは削らなくてはいけないため、爪を傷めてしまう事があります。

浴衣 大正ロマン
甚平
甚平

posted by onee at 20:14| 美容

ジェルネイル やり方の情報

ジェルネイル やり方をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。

サロンでの施術はもちろんの事、自宅でも出来る事で注目されるようになりました。
最低限必要になるアイテム(最近では、ソーシャルゲームなどで課金して購入したり、ユーザー同士で売買したりされることもあるようです)を単品で購入するより安く買うことができるはずです。

ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)グッズをセット売っているメーカー(不良品などの問題が発生したら、製品を回収しなくてはいけませんよね)で人気なのが、カルジェルです。
カルジェルは、講習を受講しなけれね商品を買う事が出来ない本格的なメーカーなのです。
最近では、安価で色々なメーカーのジェルを買うことが可能だと思います。
シャイニージェルは完全国内生産にこだわり、化粧品登録もしてある安心できるメーカーなんです。
数あるソフトジェルの中でも、ツヤ感や強度がトップクラスなので人気があります。
ソフトジェルとは言え、固めのテクスチャですから、初心者の人でも扱いやすいメーカーだといえます。
ジェラッカーは筆が必要なくて、マニキュア(大抵は小さな瓶に入っていて、刷毛付きの蓋が塗るのに便利です)を塗る感覚でジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)ができるので、人気を集めています。
また、カラージェルの種類が75種類も揃っているので、色々なアレンジでジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)を楽しむことができます。
ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)セットの価格はメーカーにより様々で、四千円から一万円前後で購入出来るはずです。
価格の違いについては、おまけやプレゼントの有無も関係ありますが、大体の場合はジェルの質や量によるものです。



浴衣 Luxjewel
浴衣 下駄
水着 PEZ

posted by onee at 10:00| 美容

ジェルネイル 長持ちとは

ジェルネイル 長持ちをくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。

つまり、誰でも名乗るのは自由なのです)技能検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格しなければなりません。
ネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)技能検定試験は、1級から3級まであり、筆記試験(記述式、マークシート式などの他、作文や小論文などが出題されることもあります)と実技試験があります。
二級になると、ネイルケア(爪のケアのことですが、手指全体のケアも一緒に行った方がいいでしょう)やカラーリング(ペアになっていて、二つを組み合わせたデザインというのも多いものです)の実技、爪の衛生や健康、構造などについての専門的な知識や技術が必要になります。
そして、1級はプロのネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)として活躍出来るレベルです。

ネイルの資格をとる方法には、様々あります。
代表的なのが、スクールに通って資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の勉強をすることになります。
また、ネイルの実技の練習を行う相手がいること、豊富な経験を持つ講師に指導してもらえるのも大きなメリットです。
他にも、ネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)で働きながら学んで資格をとる方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)や、通信教育で勉強をする方法もあるのです。
ネイルの資格をとる一番の近道はスクールに通う事によってすが、それぞれの生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)環境や予算によって選びましょう。

浴衣 着付け小物
浴衣 お得なセット
浴衣 嵐山よしむら

posted by onee at 00:06| 美容

2014年08月10日

ゆずネイルの相談

ゆずネイルについていろいろ考えてみました。こんな情報があります。

でも、ジェルネイル(カルジェル、バイオジェルなどメーカーの商品名で表現されることもあるようです)を趣味として楽しむ人にとっては、スクール(入会金や教材費など、月謝とは別にお金が必要になることも少なくありません)や専門学校で技術を磨くと言った選択肢はないでしょう。
費用が掛かりすぎますよね。
ただ、スクールによりは、1DAYレッスンでデザインの勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)ができたり、とても短い期間でデザインの技術を磨く事が可能なコースも用意されていますので、一度調べてみるといいでしょうね。

ネイルの資格を取ると、ネイリスト(特定非営利活動法人日本ネイリスト協会が考案した呼び方で、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンと呼んでいるのだとか)と呼ばれ、活躍する事が可能なのです。
ただ、将来、プロとしてネイル関連の仕事に就いて、活躍したいと思っている場合には、ある程度の技術を身につけている必要があるので、ネイリスト(民間資格はあるものの、国家資格、公的な資格はありません。
つまり、誰でも名乗るのは自由なのです)検定の最低2級以上は取得しておく方が良いでしょう。

ガールズ水着 プリウリ
浴衣 萩
浴衣 下駄

posted by onee at 13:43| 美容

2014年08月08日

ジェルネイル ハートの真相

こんにちは、今日はジェルネイル ハートについてです。

ジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)は道具さえ揃えれば、自分でネイルアートができるということで、普段から楽しむ人が増えてきているのです。
それに伴って、自宅で自分でジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)に挑戦する人も多くなっているのです。
ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)を自分で行うケースとお店で行うケースとでは、仕上がりにかなりの違いがあるのですが、爪の強度を高めたり、維持出来る期間がマニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)より長いなんかのいい点がたくさんあるんです。

自宅にてネイルアート(あっという間に女性らしい爪へと変身させることができますね)が楽しめるといったところで、ネイルサロンみたいな高い技術やデザイン性のあるネイルを行おうとしても、なかなか上手くいきません。
一色のジェルネイルやフレンチネイル、グラデーションなどといった簡単なアートは可能でも、難易度の高いデザインはどうしたって素人にとっては難しいです。
また、デザインの善し悪しは、個人のセンスによっても左右されるものです。

浴衣 ツモリチサト
水着 パイル地
男性用浴衣

posted by onee at 15:38| 美容

ジェルネイル 赤についての記事紹介

ジェルネイル 赤についていろいろ考えてみました。こんな情報があります。

自分で行ったジェルネイルはもちろんのこと、ネイルサロン(接着剤による皮膚トラブルや爪に対するダメージに配慮しているちゃんとしたところを選びたいですね)で施術してもらったジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)も自分でオフする事が出来るはずです。
ネイルサロン(技術や衛生面がしっかりしているかがとても重要です)では、ジェルネイル(ジェル状の樹脂を自爪の上にのせて、UVマシーンで硬化させるというネイルアート素材です)オフにも料金が掛かってしまうため、ジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)オフのコツを知っておけば簡単に作業を行う事ができます。
ハードタイプのジェルネイル(大きく分けると、ハードジェルとソフトジェルの二種類あり、それぞれに長所と短所があります)は、長い人工爪を作ったり、強度の高いジェルを使うので、硬化されているジェルを削ってオフします。
ソフトタイプのジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)は、リムーバーを使用して溶かしてオフしましょう。
ハードタイプのジェルネイルオフは自分の爪へのダメージが大きくなりますから、慣れないうちはリムーバーを使用してオフ可能なソフトタイプのジェルを使用するといいでしょう。
ジェルネイルをオフするときは、爪を覆うことができるほどの大きさのコットンを用意して、リムーバーを浸み込ませて爪にあてます。
マニキュア(エナメルリムーバーを使って爪から除去しますが、頻繁に使うと爪を痛めてしまうでしょう)とは畭なって気軽に落ちないため、きちんとリムーバーをしみ込ませる必要があります。
その時、ゴム手袋をはめると、より早く綺麗にジェルネイル(ソフトジェルであれね、自爪への負担も軽減できますし、自分でも行うことができるでしょう)オフが可能となるのです。
焦らずに、時間をかけてオフすることが大切です。
ジェルがまだ溶けていない場合には、再度、リムーバーを浸み込ませるのです。
無理にはがそうとしたら、爪が傷んでしまうので注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)してください。

ガールズ水着 オリーブデオリーブ(OLIVE des OLIVE)
水着 スピード
浴衣 大島優子

posted by onee at 05:23| 美容